トップページ アンティークドールレプリカの紹介 作家作品 ドール販売 歴史・構造 お問合せ・会社概要
歴史と構造のトップページへ
 

一般的にアンティークドールという呼び名は、19世紀のはじめにフランスで生まれたビスキュイ(二度焼きした高級磁器)の頭部を持つビスクドールのことを言います。


1800年代初期、社交界の貴婦人たちのために、8頭身のファッション・ドールとして作られたのが、ビスク・ドールの始まりです。このタイプの人形は、上流階級のレディーたちが自分と同じ服のミニチュアを着せて抱いたり歩いたり、オートクチュールの小さなマヌカンとしてヨーロッパ中の宮廷や貴族の人々の注文を取るため、国境を越えたりして愛されました。


その後。1800年代中頃の、上流階級の少女の遊び相手として、BeBeと呼ばれる、ビスクの頭部を持つ5頭身くらいの抱き人形が誕生します。

 

顔はやわらかい透明感のあるビスク製で、瞳はペーパーウエイト・グラスと呼ばれる手拭き手彩色され、ブロンドやブルネットの人毛やかつら、人間と同じように各部の関節が自在に動くコンボジション・ボディ、シルクやレースをふんだんに使った手縫いのコスチュームなど、当時の職人芸の真髄が結晶された、輝くばかりの美しさでした。

このビスク・ドールは、フランスやドイツの人形工房で大量に作られ、中でも特に天才人形師といわれる人たちの作った人形は、当時の万国博覧会で金賞や銀賞を軒並み受賞して、黄金時代を築きあげました。

中でも、フランスのジュモー、ブリュ−、ゴーチェ、スタイナー、アーテー、ドイツのケストナー、シモン&ハルビック、カマー&ラインハルト、クノー&オットー・ドレッセル、アーモンド・マルセルなどの作家の工房の作品は、現在アンティークドール最高峰の美術品として、世界的に評価されています。

1900年を過ぎると、このあまりに手のかかる人形たちの工房は、第一次世界大戦を境に、次第に衰退してゆきました。

 
※本サイトの写真等の無断転載は堅くお断りいたします。